Examination Speed for Trademark Application in Japan [until 2016]



Examination Speed for Trademark Application in Japan

According to the data published by Japan Patent Office (JPO), FA (First Action) term and TP (Total Pendency) term, which are used as an indicator of examination speed for trademark applications, from 2012 to 2016 in Japan are shown as below.

  • FA term in 2016 became longer than that in recent years due to increasing the number of filing trademark applications.
  • So far, JPO has made a great effort to have FA term shorter to satisfy requests from applicants.   But, JPO says that they are trying to keep an average of FA term around 5 to 7 months for 2017.

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブランディング特化型の弁理士。「個性に気づき、深化させる」をミッションとし、「知的財産 × ブランド × Accessibility (利用しやすさ、身近さ) 」でその環境づくりをしています。 株式会社アルバック知的財産部にて、企業目線からの知的財産保護に従事。その後、秀和特許事務所にて、商標・意匠分野のプロフェッショナルとして、幅広い業界のクライアントに対し国内外のブランド保護をサポート。2018年9月より、株式会社Toreru/特許業務法人Toreruに移籍し、知的財産 × テクノロジー による新時代の知的財産サービスを創っている。 | Linkedin | メールはこちらへ

April 2009 - August 2012 株式会社アルバック 知的財産部 | ULVAC, Inc.

September 2012 - August 2018 秀和特許事務所 | IP Firm SHUWA

September 2018 - 特許業務法人Toreru | Toreru, Inc.