The Term of “Parts and fittings” is Acceptable in Japan



In trademark practices of many countries, the term of “parts and fittings” is not acceptable for specifications of goods or services for trademark applications.

That is because the term is too broad or vague to determine the scope of protection of the trademark.

However, the term is acceptable in the Japanese trademark practice.

In the practice, for example, we can designate the goods “smartphones and parts and fittings thereof” in international class 9.

This “parts and fittings thereof” can cover any components of a smartphone and accessories which are used along with a smartphone.

In addition, “parts and fittings thereof” shall be fallen in the same similar group code, which is like a subclass to determine the similarity of goods and services, as “smartphones”.

Of course, I recommend you to use a concrete term “smartphone cases” if you want to protect this item, for example.   But, this practice may be useful when you are not sure of concrete items for which the mark is used.







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブランド弁理士。「知的財産 × ブランド × Accessibility」でブランドづくりと法的保護を両立しやすくしていきます。

株式会社Toreru/特許業務法人Toreru のCOO(最高執行責任者)兼パートナー弁理士。(一財)ブランド・マネージャー認定協会 認定トレーナー。商標管理アプリ『Goods Idea 』開発者。

株式会社アルバック知的財産部にて、企業目線からの知的財産保護に従事。その後、秀和特許事務所にて、商標・意匠分野のプロフェッショナルとして、幅広い業界のクライアントに対し国内外のブランド保護をサポート。2018年9月より、株式会社Toreru/特許業務法人Toreru に移籍し、2019年1月より現職。「速い × カンタン × 専門性」で「知財の価値を最大化させる」新しい知財サービスをつくっている。 | Linkedin | メールはこちらへ

April 2009 - August 2012 株式会社アルバック 知的財産部 | ULVAC, Inc.

September 2012 - August 2018 秀和特許事務所 | IP Firm SHUWA

September 2018 - 特許業務法人Toreru | Toreru, Inc.