Power of Attorney is needed for a trademark application procedure?



Under the trademark practice in Japan, a Power of Attorney (PoA) is not needed to be filed to the Japan Patent Office (JPO) for filing a new trademark application.

However, a PoA must be filed when you appoint a new representative against the JPO after filing a trademark application.

Especially, I would like to emphasize that you need to prepare a PoA duly signed by Applicant to respond to Office Action issued for a Japanese trademark application based on an international registration (by the Madrid System) through a new representative domiciled in Japan.

The JPO always requires us to submit an original PoA.  So please keep it in your mind that you need enough time to prepare the PoA before a deadline for response to Office Action.







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブランド弁理士。「知的財産 × ブランド × Accessibility」でブランドづくりと法的保護を両立しやすくしていきます。

株式会社Toreru/特許業務法人Toreru のCOO(最高執行責任者)兼パートナー弁理士。(一財)ブランド・マネージャー認定協会 認定トレーナー。商標管理アプリ『Goods Idea 』開発者。

株式会社アルバック知的財産部にて、企業目線からの知的財産保護に従事。その後、秀和特許事務所にて、商標・意匠分野のプロフェッショナルとして、幅広い業界のクライアントに対し国内外のブランド保護をサポート。2018年9月より、株式会社Toreru/特許業務法人Toreru に移籍し、2019年1月より現職。「速い × カンタン × 専門性」で「知財の価値を最大化させる」新しい知財サービスをつくっている。 | Linkedin | メールはこちらへ

April 2009 - August 2012 株式会社アルバック 知的財産部 | ULVAC, Inc.

September 2012 - August 2018 秀和特許事務所 | IP Firm SHUWA

September 2018 - 特許業務法人Toreru | Toreru, Inc.