ツイート(Tweets) on 2018/12/19



  • 専門家は、「どうしたらいいんですか?」とよく訊かれる。
    これについては、まず「どうしたいんですか?」に対する依頼者の答えがあることが前提だが、これを依頼者自身もよくわかっていないこともよくある。
    ヒアリングを通じてまずはその点の相互理解をしないといけない。 12:28:09, 2018-12-19
  • 結局は個別案件ごとの判断にはなるのですが、一般論として、他人に自分の商標を先に出願されてしまったとき、自分の商標がその国でとても有名でない限りは、異議申立などで潰すのは困難であることが多いです。
    「自分が先に使ってるから、いざという時はなんとかなるっしょ」は勘違いです。 12:36:03, 2018-12-19






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブランディング特化型の弁理士。「個性に気づき、深化させる」をミッションとし、「知的財産 × ブランド × Accessibility (利用しやすさ、身近さ) 」でその環境づくりをしています。 株式会社アルバック知的財産部にて、企業目線からの知的財産保護に従事。その後、秀和特許事務所にて、商標・意匠分野のプロフェッショナルとして、幅広い業界のクライアントに対し国内外のブランド保護をサポート。2018年9月より、株式会社Toreru/特許業務法人Toreruに移籍し、知的財産 × テクノロジー による新時代の知的財産サービスを創っている。 | Linkedin | メールはこちらへ

April 2009 - August 2012 株式会社アルバック 知的財産部 | ULVAC, Inc.

September 2012 - August 2018 秀和特許事務所 | IP Firm SHUWA

September 2018 - 特許業務法人Toreru | Toreru, Inc.